2012/4

 ■久々にM3行ってきます 2012/4/29(日)

 明日のM3ですが、久々に参加させて頂こうと思います。
 といっても、委託するだけなんですけども。

 数日前、珍しく皇兵さんから電話がありました。
 そろそろM3の季節だから今回久々に遊びに来るのかなと思っていたらやはりそうでした。
 僕の折り返しの電話に驚いていた氏は、
 「どうだい幽玄。久々にどっちが電柱を早く拳で叩き割るか、勝負しないか?」
 という事は全くこれっぽっちも言ってはいないのですが、これを要約すると
 「M3の前夜祭でも一緒にどうだい」ということでした。

 また、ともてぃさんも丁度最近、都内に越してきたということで、
 今日はともてぃさんのお宅で一夜を明かし、明日のM3に向かおうじゃないか。
 こんな流れが出来上がりつつありまして、
 売り子の手伝いがてら久々に行ってこようと思います。

 本当は今日、正午あたりでともてぃさんと落ち合う予定だったのですが、
 僕の金銭都合がつかなくて、今夕方17時なんですけど、これから家を出ます。

 うん、まぁそんな感じっすね。
 何度もM3には行っていたので、そういうわくわくどきどきの新鮮さはありませんが、
 ある意味今まっさらな状態に自分が還りつつあるので、
 素直に楽しんでこれるのではないだろうか、どうなのそこんとこ。
 とか思っとります。

 それでは。



 ■黒鍵のきみがよを見た 2012/4/23(月)

 部屋の整理第二弾開催中の幽玄です。
 軽く自分の日記を見返して、俺は一体何を書いてんだろうなぁと思いました。


 これまでタバコの部屋吸いを何度止めようと思っても止められなかった俺ですが、
 今年に入ってからは部屋吸いをしなくなり、減煙状態が続いています。
 部屋吸いを止める前は一日一箱、止めてからは一日半箱でしたが、
 それでもちょっと吸ってる数多いなぁと思いはじめていました。
 なので今日は「一日五本」という制限をつけて、
 自分の反応がどのようなものか実験してみました。

 一本目。
  昼飯後に吸った。
  半日吸ってなかったので軽くヤニクラを起こした。
  まじまじと吸っていたので時間が長く感じられ、フィルター手前まで味わっていた。
  タバコ吸い始めの頃もフィルター手前のギリギリまで吸っていたのを思い出した。
  まじまじしたので、いつもいく二本目も要らなかった。

 二本目。
  夕方に吸った。
  何かを考えたり、感覚を飛ばしたりしながら吸っている体勢に入りかけた。
  これは自分がタバコを吸う時の癖で、喉が辛くなるまで連続で吸い続けることがある。
  本数が多くなる原因の一つだなぁと思った。

 三本目。
  夜飯後に吸った。
  この時点で三本目なので、普段如何に多く吸っているかがわかった。
  麦茶を合わせているので、少し喉が辛い。
  そのくらいの方が吸わなくていいかと思った。
  甘い飲み物は喉の辛さをすぐに消せるので、本数が増えるように感じた。

 四本目。
  散歩に行った先の公園で吸った。
  霧雨の中、いつも通りの感覚。

 五本目。
  日付が変わる前後で吸った。今日の吸い納めのつもり。
  吸い慣れてくるとすぐに次にいこうとするもんだなーと思った。

 六本目。
  制限オーバー。今の日記を付ける直前。寝る手前。
  五本目で終わりの予定が、ネットを見て少し疲れた為に欲しくなった第六の使者。
  感情の起伏が入ると、タバコでそれを抑制しようとしている証のような気がした。
  油断したわー


 以上、どうでもよさそうな自分のタバコに関する実験でした。
 明日も意識してやってみようと思います。



 ■約束を交わした猫を見た 2012/4/21(土)

 その猫にありがとう。こんにてゃ、幽玄です。
 今「こんにちは」と打とうとしましたが、一体どう入力したのかわかりません。


 最近僕は、自分の身体をスタイルルルィィイッシュにしようと思いストレッチをしているのですが、
 その一環に人間の歩行や走る動作について考えていました。
 どういう動作が身体にとって自然で、美しく、しかも楽しいか。
 どうせ歩くなら、かっこいい歩き方を自然にしたいなぁと。

 人間の右半身を真横から見た場合、歩く動作の足の回転は時計回り。
 ここで僕は、どこかに反時計回りを取り入れられないかと思っていました。
 作用反作用の法則は、右にいく力があるなら相対的に左にいく力が発生する。
 左にいく力が存在するからこそ右にいく力があるとわかる、といった具合に。

 で、歩く人を観察して考えてみた。
 前に行こうとすると、足は時計回りになるのですが、
 どこか他の部分は反時計回りになっていやしないかと。

 足を単純に時計回りさせて横だけの動作をかけると、
 腰から上の胴体が完全な平行移動をすることになる。
 昔のアニメみたいになるわけで、一見面白いけど自然ではない。
 単純にここで相対性を考えるなら、横が時計回りの場合、縦が反時計回りになる。
 縦の動作。何が縦の動作を担っているだろう。

 ここで思い当たったのが腰。
 弟が上下によく動きながら楽しく歩いてるのを見ていたら、
 アルファベットの小文字の筆記体での「i」みたいに見えたので、
 上半身全てを支える腰、これを一部位と考えると腰が反時計回りになる。
 実際に腰が全くの反時計回りをしているように動かすとグワングワンになりますが、
 腰の回転はどっちだというと、時計回りより反時計回りの方だと自然な気がしました。
 しかも人間は歩いているとき、少なからず身体を上下させているので、
 横の運動をすると同時に縦の運動も人間はしていることになるんじゃないだろうか。


 うん、なかなか面白い考察が出来た気がします。
 良いとか悪いとかは知りませんが、変に一人で納得してしまった。
 案外こうやって考えてても、楽しいものですね。



 ■青森のご先祖さまを見た 2012/4/20(金)

 スーパーに行って何が欲しいか見て回り、選んだ品は88円のガム一つ。
 どうも。衣服の棚を綺麗にしてゴキゲンの幽玄です。
 服屋で仕事してた時の技術がそのまま生きました。


 「目覚しい」という言葉があります。
 意味は、素晴らしい、急激に、劇的な等、
 そういう感銘を受ける時に使う言葉で、
 「うおおスゲェ!」という派手な物事に使うよりは、
 スマートに躍進していく様にこの言葉が合うように僕は思います。

 で、昨日この言葉を見たときに、なぜか気になったんです。
 見てて「はー、こりゃすごいなー」と思える躍進を見せる時に、
 目覚しいと使う。

 「目覚しい」という言葉の意味が、なぜ著しい進歩といったものを持つのか。
 目の覚めるような、という見方がありますが、
 それは観察する側の感じた印象であって、
 あくまで「目覚しい」表現をしている本体の方の、観察される側のことではない。
 では観察される側はどうだろうか。
 驚くべき活躍を見せた観察される側の目覚しい。
 これ、僕は字の通り目が覚めたというそのままの意味なんだろうと思いました。

 覚醒という言葉がありますよね。
 これは、元々持っていたけれどこれまで使われていない能力が発現した時に
 使われる言葉と思います。
 どっちも「覚(さ)める」「醒(さ)める」と書ける。
 この覚める・醒めるという言葉の両方には、強い反動をあまり感じませんが、
 物語で「覚醒!」とか聞くと、何かが噴き出したようなそんな強い印象を受けます。
 ただ、薬にもこの覚醒の言葉が使われていてあまり良い印象がないので、
 僕はそんなに使ったりしません。

 で、目覚しい。
 目が覚めると、覚めた本体はイメージですがとりあえずブワッと力が漲ってくる。
 そういう意味を持つ言葉。
 これ、その本体が元々その力を持っていたってことですよね。
 何も無いところから現れるなら、目覚しいとは言わないはず。
 目が覚めるの逆は無ではなくて、眠っているということ。
 あるけど、単に機能していないだけ。
 機能したら、それがすさまじいと思える。
 こう考えると、反動を感じた結果の表現ともとれますが、
 その言葉に「目が覚める」という文字をあてがったのはなかなか面白い。

 身近で「目が覚める」は、睡眠という行為で人間毎日行っていて知ってます。
 寝て、起きて、寝て、起きて。
 当り前のことですよねぇ。
 別に、寝て起きたから「はー・・・こりゃすげぇや」って、普通思いませんよねぇ。
 ここ、何か真実が隠されてると思いませんか。
 「目覚しい」という言葉がいつ出来たのかどういう流れで生まれたのかは知りませんが、
 この言葉にこういう意味を持たせたのは人間。
 気付いていないようで実は気付いてるんだろうなと僕は思っています。


 うん、まぁ予想外に長くなってしまった。
 ふと気になった言葉を考え遊びしてただけでした。



 ■街中で女子校生を見た 2012/4/19(木)

 本屋でピアノの楽譜を物色していたら迷子になった方の幽玄です。


 今日は布団を干して、ベッドも裏側にある埃をとって綺麗にしました。
 普段、あまり布団について意識しておらず、
 これまでそんなに干したり綺麗にしたりと手入れをしてこなかった。
 もし今、仮に凄くイイ布団が欲しかったとして、手に入れたとする。
 自分はそれを一体どう扱うのだろうか、考えてみました。

 大事に大事に扱うだろうか。
 心を入れ替えて急に丁寧におくだろうか。
 ・・・いや、大して手入れもせずに今まで通り粗雑に扱ってたと思うんです。
 特に思い入れも何も無かったから、きっと寝れればいいや程度。
 そしてボロボロになったらまた新しいものを買えばいい。
 そう考えるだろうと思いました。

 確かに、消耗品は使っていけば磨り減ったり、ペタペタにもなる。
 人間の細胞のように、勝手に自己修復したりリレイズかかってたりはしません。

 ここでふと気付きました。
 自分が安らかに眠りにつく場所を、
 そんな汚くテキトーにしていていいものなのか。
 それすなわち自分は汚くてもよしと認めているのか?
 心と身体をリフレッシュさせる愛のゆりかごですよ。
 気持ちよい空間に出来るなら、なぜ、なぜしない。なぜしなかった!?

 今日はそういうわけで、
 日光の出ている丁度良い時間に布団を干して、叩いて埃を落として、
 シーツも伸ばして、ベッドの汚れも丹念に取って、マクラも空気を入れ替えてと、
 今の自分なりに手をかけました。
 そして、自分がまだ横になる前に、
 普段はあまり来訪しない弟達がなぜかやってきてゴロゴロしだしていました。

 バカな・・・これが大充実の布団の魅力だというのかッ・・・!!
 これから寝るのが楽しみです。



 ■満開の桜を見た 2012/4/18(水)

 書こうという意思がないと途端に日記を付けなくなる右側の幽玄です。
 今日が四月の何日かも一瞬わからんかった。
 そして箇条書き。


 ■サーバー継続更新
 一応XREAの更新を新たに一年間増やしました。
 これで今月末にサイトが立ち消えるということはなくなった。
 2009年冬に個人CDを作り、2010年秋にUNIONS JADE名義で「Diva」作って以降、
 「幽玄」という名でろくに動きらしい動きもしとりませんが、
 今ここでサイトを消すわけにはいかない。
 半分くらい自分でもよくわかりませんが、生きてます。

 ■音楽
 クラシック聞いたり、POPS聞いたり、今どんな音楽が使われているのかとか、
 どんな傾向にあるのかとか、漠然と耳にしてます。
 深みにはまる一歩手前で退くくらいの程度ですが。
 曲作りのアイデアもようやっと出てくるようになりましたが、今ひとつ不透明。
 ただし、方向性はほぼ出来上がった気がします。
 意識してたつもりもないけどいつの間にか、こんな具合かな、と。

 ■ピアノ
 ここ1〜2週間は弾いてませんが、少しずつ指が慣れてきました。
 家にある楽譜で、弾いては止めて、つっかえては戻っての繰り返しをしてます。
 なまじ知識だけはあるので、だーんと音に反映できないことにやきもきしたり。
 意外と練習続いてます。

 ■肉体改造
 改造というほど大袈裟なことは何一つやってませんが、
 ありえないほど身体が固かったため、毎日ストレッチしだしました。
 少しでも大掛かりになると続かなくなるので、
 外に出て歩く時に少しだけ身体の動かし方を意識したり、
 風呂上りに関節の稼動範囲を少しだけ広げるよう筋肉を伸ばす程度。それも1〜2分。
 鉄アレイ等道具は使わずに、身体のバネだけで運動してます。

 ■掃除
 まだ整理しきってないものもありますが、今要るものに比べて、
 要らないものがかなり大量にあったので、思い切って処分しています。
 今まで出来なかったけれど、迷ったものはほぼ手放しました。
 そして部屋を綺麗にするようになった。
 床や壁、衣服や布団、CDや本等ひとつひとつ処理していってます。

 ■意識改革
 自分のこれまで持っていた常識や考え方、それをそもそもぶっ壊してます。
 量子力学の本読んだり、ビジネスの本読んだり、今まで見なかったような記事読んだり。
 根本を理解したいがために、多分ここに一番エネルギーを注いでいる気がします。
 意識改革といっても、何を改革しているのか、したいのか、
 自分でもよくわからないところはありますが、
 ここは日々実践して理解している部分です。




  →戻る




 ■Diary

  呟きとか独り言。


 ■過去ログ

 2012/4