2012/5〜7

 ■「Substreet」 2012/7/31(火)

 通天さんのたまごサンドはマジ絶品。
 どうも、絶賛フロンティア活動真っ最中の幽玄です。
 8月は準備期間としての心構えでいますが、詳細な計画は特にありません。


 さっきたまたまtwitterを見ていたら、
 音屋友達であるSubstreetさんが本日をもって活動を完全停止、
 といいますかネット卒業されました。

 んー、ほんとたまたまそういう瞬間に立ち合ったのも、一つの縁なんだろうなぁ。
 彼の曲である「影踏みエトランゼ」で検索すると、
 なんとまぁ50万とか100万とかの再生数になってて、
 凄く愛されているんですよ。
 すごいよね。色んな音屋さんがいますよね。

 僕自身、以前はインターネットにどっぷり浸かって過ごしてましたが、
 ここ2〜3年でネットとの付き合い方の見直しをしてから、
 それに触れる時間もほとんど無くなってきています。
 今それとは正反対に世間でのネット産業はすごいのに。

 だから、僕なりにですが彼の気持ちはよくわかる。つもり。
 もちろん悲観的な意味でもなく。
 しかも7/31の日付が変わる直前に、
 かなり遠い位置にいるはずの僕にすらtwitterで挨拶されていったので、
 「うわ、なんて紳士の人だろう。リンク消さずに残してまえ」
 と、割と僕は端から見ればどうでもいいことをしようと思いました。


 正直、身近な知り合いが一人卒業する、となると、
 普段は何も思っていないことがほとんどなのに、
 その時だけ寂しくなるような気持ちがやはり起きました。
 でも、今生の別れだろうかと問われればそうではないし、
 「別れを告げられる」という出来事が少し印象強かったというだけで、
 僕の感覚的には、
 「小学校の頃一緒だった友達が今何してるかもわからない、
  けどどこかで生きてるんだろうなぁ〜」
 ということとある意味変わらない。

 あれ、じゃあ寂しいってどこからきた?というのは割愛しますが、
 とにかく、ちょっとそういうことを書きたくなったので書きました。
 日記のタイトルも彼が今日まで使っていたHNにしてやりましたフフフ。
 THE・フロンティア精神の自己満足。


 まぁ、人生って常に一期一会だなぁと思います。
 今この瞬間は今しかない、という風に。




 ■ハノンで練習 2012/7/24(水)

 隣のおばちゃんがうちのおかんと同じようなくしゃみをしてました。
 あのタイプのくしゃみの仕方は意外と少ない。
 どうも幽玄です。


 ハノン、バーナム、ブルクミュラー、リトルピシュナの四冊のピアノ教本を
 さらっとなぞってみました。
 ハノンは、白鍵中心の単調なフレーズの運指運動の繰り返し。
 リトルピシュナは、いきなり黒鍵も含めたスケール込みの運指運動。
 ブルクミュラーは、曲として弾きながらの指の練習。
 バーナムは、ピアノのイメージを膨らませる簡単な曲集。

 最初の数ページに触れた程度ですが、その時点での自分の印象はこんな感じ。
 買ってきた本のヴァリエーションにもよるのでしょうが、
 四冊とも見事にピアノの練習法が違う。


 折角なのでもう少し書いてみる。

 ハノンはとにかく指の訓練、ひたすら土台作りという感じで、
 逆に慣れてきたら何か他の事ぼーっと考えながら指を動かすのにはよさそう。
 総合的な教本のようなので、この一冊だけでもいいのかもしれない。

 リトルピシュナは、黒鍵に慣れてない今の自分にとっては最初からかなり手応えを感じた。
 指の動き自体は全く一緒なのに、黒鍵含むだけで細かい指の位置が微妙にとり辛い。
 スケールの勉強も出来そう。ハノンにもありそうだけど。

 ブルクミュラーは単調な音符の羅列ではなく、曲としてそれが組み込まれている感じ。
 それなりに現代音楽に慣れ親しんでいる自分からは、曲自体がかなり新鮮。
 ほとんどピアノ知識のない自分には、そういう意味で入門にもいいのかも。

 バーナムはすでに一度全部さらってみたけど、曲自体は非常に簡単。
 短い一曲一曲に挿絵が入っていて、教育番組を見てるような感覚。これが意外と楽しい。
 つい難しい方難しい方へと考えがちの自分にはこの易しさが心地いい。


 ピアノの教本を買うという発想すらここ最近まで思い付かなかった自分ですが、
 気付いたらピアノに自然と毎日触れてるもんなー
 一年以上続けてたベースですら「自然と」は触れてなかった。楽しかったですけどね。

 はー、なんか俺、変わったなー



 ■バーナムで練習 2012/7/23(月)

 手元にあるバイエル中級程度の楽譜本の曲、ようやっと全部弾けるようになった。
 といってもテンポ凄いゆっくりでどうにか指が追っつく程度。
 最初は楽譜の読み方なんぞ全くわからんかったのに、
 やってくと不思議にわかるようになるもんなんだなぁと思った。

 もちろん、覚えよう、理解しようと意識したり勉強した部分はあるけど、
 指が一昨日より昨日、昨日より今日と動くようになっているのは、
 正直頭で考えてどうにかなるレベルではないと思った。

 身体で覚える。身体に刻み込まれる。
 それを痛烈に体感した。
 継続の何たるかも学んだ。


 それと、今日はもう少し弾ける元気があったので、
 購入した練習本から一番簡単そうに見えたバーナムで弾いてみた。

 それぞれの練習曲にわかり易い絵が描いてあって、
 なるほどピアノの音にするとこういったイメージがあるんだなと、以外と楽しい。
 実際、今の自分にはフレーズ自体は簡単ではあるけど、
 独学では見落としやすい運指や姿勢等、
 そういった基礎中の基礎を学べるいい教本だと思った。

 俺も生まれは198X年なので、歳だけ言えば青年ど真ん中。
 買ったバーナムが子供向けのピアノ教本ではあるんだけど、
 同時にそれ、ピアノ始めたばかりの俺向けとも言えるので、
 下手に見栄張らずに素直に選んで正解だった。
 パッと見た瞬間、「あーちょっと易しすぎたかなー買って失敗したかなー」
 と思ったけど、全然そんなことなかったというね。

 自分に素直になるって、大事っすね。



 ■涼しい 2012/7/21(土)

 昨日今日と、かなり気温が低いのでとても涼しい。
 ロードワークに行ってもあんまり汗かかなかった。

 というわけで俺です。
 ピアノの教本買いました。
 ハノンとバーナムと・・・あと何だったっけ。
 楽譜に比べて大分安かったので幾つかまとめ買いしました。
 折角ピアノ弾き始めてるんだから、初めにそれなりの土台を作っとこうと。

 今までそんなことすら思いつきもしなかったのもおかしなことだけど、
 以前はどうせ長続きしないだろうという思いが無意識にあったんだろうなぁ。
 新たなチャレンジをすでに作業と決めてかかってたので、
 楽しさを見出せる余裕すらなかった。
 そら途中で止めるわなぁ〜

 今頃楽しさを感じる理由がさっぱりわからんのですが、
 まぁ楽しいからいいか。
 逆に言えば、今自分の心をときめかせるものがピアノくらいしかない。のだろうか。
 わかんね!

 というか、またサマーウォーズ見逃したかもしれん。


 WEB拍手返信
 2012年7月17日
 11:07 とてもお久しぶりです。数年ぶりになりますがDVDMです!

 11:08 久々にサイトを覗かせて頂きました!新曲楽しみにしております><
     とても暑くなってきたのでお体お気をつけくださいませ♪それでは〜♪(
     本当に久しぶりですので、もう覚えていないかもしれませんね(笑)
)
 ――お久しぶりです。いや覚えてますよー、絵描かれてる方ですよね。
 少しずつ曲作りは手が動いてきていますが、
 今色々と勉強中なので軽い休止状態に入っとります。
 少し前までは自分で休止状態と判断することすら出来ないような状態だったので、
 かなり進歩していると自負してます!
 やー、久々のコメントありがとうございますですよー



 ■とても大切な事に気付いた 2012/7/16(月)

 今日ピアノを弾いていて新しい曲を練習している時に、
 そんなに難しくないはずなのに、全然うまく弾けなかった。
 単音の嵐で全然曲に聞こえない。
 昨日まで弾いていた曲はあんなに弾けたのに・・・

 そう思った瞬間、一気に自分の内側で憤怒するものを感じた。
 さっきまで平然としてたのに、上り詰めるのは一瞬。
 短気というどころか、怒りに到達するまでの尺がほぼないんじゃないかと思えるほど、
 激怒の感情が一瞬で湧き、それが爆発しそうになった自分にとても驚いてしまった。

 プライドが悪いわけでもない。逆に善いというわけでもない。
 善悪で判断するならそれは如何様にもとれるものなので、
 そういうことはもはや述べる気は無い。

 今のピアノの件にしたって、簡単そうに見えて実は今の自分には難しかったから、
 上手く弾けなかったというだけの話。
 毎日毎日、昨日出来なかったことが今日には出来ている手応えを少しずつ感じていたので、
 俺が単純に自分をはかり間違っていただけにすぎない。
 個人差はあっても、やった分はしっかり身についているのだから、そこを疑う必要も無い。
 そうでなければ、子供の頃から毎日毎日ピアノ弾いていた人はどうなんだという話になる。

 さて、今日の日記の内容は「なぜそこに怒りの感情が出てきたのだろう」ということ。
 「あーそうか、読み違えてたかー」
 と思うだけでよかないか。何がお前をそんなに激変させたんだ。


 そういうわけで少し考えてみた。
 思考から出された答えとその現実に、実はかなりの差があった。
 弾けると思っていた曲が全然弾けなかったわけだから。
 それは自分にとって単なる予想外の出来事だったというだけ。
 うん、ここで一つ気付いた。
 自分でコントロール出来ていないことに罪の意識があったこと。
 そんな自分ではいけないという、自分を強く批判する観念。

 実際、単に差が大きかっただけ。その物事に良し悪しは元々無い。
 しかし、その時に出てきた率直な思いはこんな感じ。
 「いつになったら出来るようになるんだ!?」
 と、己を責め立てる自分の声がした。
 すでに先行した「出来ている自分」が当り前とかなり強く信じていたために、
 その間を埋める期間は、余計な労力を増やすことになる。
 つまりマイナス分。
 その間、ずっと自分を責め続けるため、その期間がまるで地獄のように感じられる。
 予想通りに事が運ばないだけで、そのマイナス分は単純に増えていく。
 遊び分の無い、きっちり整理された計画な分だけ、
 それ自体の安定性はあっても未知に対する柔軟性は少ない。

 こういう回路を様々な場面で自分に使わせていると、次第にそれが当り前になる。
 連続性がそれだけ観念体系に組み込まれているから。
 そして当り前を0だとして、余計な労力がマイナスならば、
 新たな要素を盛り込むか、この基本構造を変えない限り、
 0かマイナスを行ったりきたりするだけで、平均的にもマイナスになる。
 遊び分が無ければ、楽しめる要素も当然無い。


 簡単に分析してみたけど、
 自分はこのループにいつの間にか陥っていたんだなぁと思った。
 自分がDTMを始めたあとにどの楽器も長続きしなかったのも、
 そのギャップに耐え切れない自分がいたから。

 楽器自体は新しいジャンルへのチャレンジであって、
 そのチャレンジ自体は子供が無邪気に何ででも遊べることと変わらない。
 ではなぜ子供の頃に比べて異様に短期間で止めてしまうように感じるのか。
 これは楽器云々、チャレンジする物事云々ではなく、
 その奥にある、上記で書いた自分の行動回路が原因だと思った。

 この、自分を責める、仮にこれを恐怖として、
 それを植え付ける回路を気付かずに自分で作り上げ、無自覚で何度も回し続けていると、
 常に「お前は出来ないんだ」と、自分に言い聞かせ続けることになる。
 そしてそれを繰り返した結果、最終的な収束地点は、マイナス。
 無気力になり、行動力が無くなる。
 何かの拍子で体力が回復して、新しいことをやったところで、
 この自責回路がまたも機能しているのに気付かないため、結局また諦める。

 まさにマインドコントロール。
 しかもこれは自分の気付かないところで機能しているというのだから性質が悪い。


 ピアノに関しても、幼年期の頃にみっちり訓練することで一流のプロになる、
 という見方が往々にしてある。
 効率や合理性を重視すれば確かにそれは非常に有効な手段となり、
 幼いうちにレベルを高く持って行けば行くほど、
 限りある時間の中で大きな可能性を作ることができる、ということになる。
 それが一流のプロの条件である確率が非常に高いという定義であるなら、
 俺のように20歳を超えてピアノを始めたという時点で、
 それを大きなハンデと感じ、ある種の負い目として捉えてもなんら不思議ではない。


 ただね、最終的に何を選ぶかは、自分にあると俺は思ってます。
 それは世の中の世間一般的にではなくて、自分の観念に、ということ。
 自分は何を選ぶか、ということは自分に何を与えるか、とも言い換えられる。
 多数派であろうと少数派であろうと、そこで自分はその瞬間に何を選ぶか。

 いいんですよ。
 幼少期に英才訓練してこそプロの一つの条件だ、と思っていても。
 そうである人もいるし、そうでない人もいるわけで。
 例えば五十歳超えてから訓練してこそ今の新たなプロの条件だ、
 と思っていても一向にいいわけですよね。
 極論、そこは自由であるわけで。


 別に何かを批判したり擁護したり、ということを俺はここで言いたいわけじゃない。
 要は、自分が何を選んでいるのか。何を選んでいたのか。何を選ぼうとしているのか。
 こうやって自己分析して気付いたんですけど、
 ピアノに関しても俺はかなり自分が納得できないような観念を
 自分に入れていたんだなと気付きました。
 と同時にこの自分の気付かなかったマインドを一つ暴くことができた。
 ちょっとした壁にぶつかっただけで楽しくなくなるような回路使ってた。

 顕在意識では善悪なんてないぜと思っていても、
 潜在意識では特定の観念でしっかり善悪を捉えている場合、
 その人は言ってることとやってることが違うと見て取れる場合もあると思います。
 今の俺がまさにそうで、うわー全然気付かなかったなーと思いながら書いてました。


 ここまで長文にするつもりもなかったけど、まいっか。



 ■あってなきが如く 2012/7/15(日)

 今上映中の「スープ 〜生まれ変わりの物語〜」を見てきた。
 邦画なんだけど凄く面白かった。
 いやー、作品ってほんと色んな表現のされ方があるよなぁ〜
 すでに人生を一つ飛び越えてる人にはあんまりこないかもしれないけど、
 精神的な何かを模索してたりする人には、色々と感じるところもあると思う。
 うん、まぁ俺は凄く面白かったんで、そういうの抜きにしてもオススメできる。

 あとその帰りにピアノの楽譜買ってきた。
 バイエルン初級〜中級をうろうろしてる自分なんで、
 易しいレベルの菅野ようこ作品集みたいなのを一冊。
 明日からピアノ弾くのがこれでまた楽しみになってきた。

 というわけで、何度目かの楽譜読む訓練しとります。
 使わないとすぐに忘れる。



 ■Cubase4です。 2012/7/14(土)

 今日、一年ぶりに作曲をした。
 Cubaseを開くのも今年に入って初めてという感覚でやってみた。
 フリーのKONTAKT 5と実は買っていたSuperior Drummer 2.0
 同時発音させただけでノイズが走った。
 Cドライブが吹っ飛んでからPC内を一度整理した時に、
 かろうじて曲が作れる程度に復旧した程度で放置していたため、
 同期がかなり不安定。
 Amplitube Metalを起動するだけでCPUがビビってた。

 ベース、オルガン、ドラムだけで鳴らしてみると、
 いきなりお互いの帯域をかなり食い合っていた。
 音源は違えどプリセット同士でこんなに噛み合わないもん?と思いつつ、
 EQなどのエフェクトをかませても仲良く聞こえない。
 そもそも久々すぎて何をどうしていたかすら思い出せなかった。

 KONTAKT 5は意外と使えそうだなというパッと使った時の印象。
 Superior Drummer 2.0は、Addictive Drumsから変えたばかりで
 ずっと手をつけていなかったため、使い方すら覚束ない。
 ただ焦ることもないので、ゆっくり音作りをしていこうと思った。


 一年ぶりで大した曲も書けるはずもなく、DAW起動時間は30分と短いけれど、
 今日は自分の自然な実行の結果に素直に喜びたい。

 嗚呼、やっと俺、自分に向き合えたんだなぁ〜という感慨。



 ■壁紙を富士山にしてみた 2012/7/13(金)

 こんにちは、今回は割と早めの日記です。
 いつまでも回転数とか振動数とか訳わからん内容が最新というのもアレなので、
 今書いてます。

 最近水泳に行っているのですが、
 あれって、泳いだあとにきちんとシャワー浴びるとか、
 身体しっかり洗っとかないといかんのですね。

 水浴びてきたからその日は風呂入らなくていいかなと一日入らずにいた日がありましたが、
 次の日、異様に身体がガサついているというか、とにかく気持ち悪かった。
 同じ水を浴びるというのも、風呂と水泳は全然違う。
 むしろプールとか水泳に行った後は普段より入念に身体を洗ったりするとも聞きました。
 小学生の頃、3年くらい俺水泳習ってたのにねー
 そういうことに今気がついた。

 まーでも、以前の俺ならあまり自分の身体に気を遣わなかったので、
 気付かなかったのも当り前といえば当り前。

 今じゃ髭とかも小まめに剃るようになりましたしね。
 以前なんか、曲作ってる間の缶詰状態なんて宮崎駿みたいな感じでした。
 とりあえずもじゃっとしてた。駿さんに他意はないです。
 鼻と口の間の髭だけ剃って、碇司令みたいなこととかもやってました。
 「めんどくさがり+髭かっこいい」が自分に向いてると思ってた。
 だから毎回髭剃らなきゃいけない仕事に就きたくなくてですねー
 それなりの剃刀選ばないで毎日剃ると、すぐ肌が傷ついて凄く嫌だった。

 ほんと、綺麗にするようになったなーと思います。



 ■怒涛 2012/7/4(水)

 今日は久々に声を出してきたので喉が痛いっす。どうも俺です。
 エロ漫画読んで泣いたとかいう日記がいつまでも最新なのもアレなので、
 今書いてます。一ヶ月ぶりか。

 ここ最近、毎日が怒涛のようです。
 自分もそうだし、周りも怒涛のように連なってる。
 回転数がどんどん上がってる感じ?

 ・・・んー、文章にするとイマイチしっくりきませんが、
 振動数がかつてないっす。
 そんな具合で。



 ■もっと胸を張っていいぞ 2012/6/6(水)

 久々にエロ漫画たくさん読んでました。
 整理も兼ねてずーっと読んでたんです、ずーっと。
 そうしたら、なんか感動して涙出てきてしまった。

 何に感動したかというと、
 漫画って描くの大変じゃないですか。
 毎週毎週、どうすれば面白くなるか、どういうのが読者が好きなのか、
 とか、作家の人は散々考えるわけじゃないですか。
 エロだから人目をはばかられる世間的なものだってあると思うんですよ。
 内容によっては読まれなかったりもされます。
 一般コミックとは違う風当たりもあると思います。

 でもね、それでも良い漫画描くぞって、
 作家さんたちは毎回頑張ってるんだなぁって思えたら涙出てきた。


 俺も好みがあるから、好みでない内容だとあまり読まなかったり、飛ばしたりします。
 ただ、俺がそれをするしないに関わらず、
 ここにある雑誌にはその描いた人たちの、編集した人たちの思いは確かにあるんだなと。
 そう思うとね〜、目頭が熱くなっちゃったんですなー。

 それに、エロ漫画読んで、ああ面白かったとか、良かったとか、
 読む人にもそういう人沢山いるんですよね。
 あまり大きな声で言えないかもしれないけど、楽しみにしてる人も沢山いるわけですよ。

 短い期間ではあるけど、自分も実際に漫画を作る作業を手伝ってた時があるので、
 漫画を作る時の苦労とかすげーわかるんですよ。
 読み切り漫画とか作るのすんげー難しいし、その実感がでかい。
 これもう、内容がエロ云々じゃないんすよね。
 色々想像していった結果、そこにある人間の姿というものに胸うたれた。


 「アッアッ!イクッ!イッチャウノォォオ!!」 とか描かれてる漫画の前で、
 人間ってなんて美しいんだ・・・と涙しながら読んでる俺は一体何なんだと。
 そう思わなくもないですけどね。



 ■レベル∞ 2012/6/3(日)

 ナンプレにはまってる幽玄ですこんにちは。
 はまってるというよりは、それで遊んでる。

 最近のDVD-Rはほとんど16倍速対応なんですねー
 俺が持ってるDVDドライブも一応片面18倍速対応らしいんですけど、
 そうするとハングする。
 8倍速で書き込みすると上手くいく。
 よくわからん。
 解決する前に、検証しようと余分にDVD-R買ってきちゃったよ。


 そして今年分のWEB拍手返信。超遅延。
 2012/6/3
 00:52 幽玄さんお疲れ様っす!
 00:54 最近、shureから出た新しいヘッドホンで
     幽玄さんの五式を聞かせてもらったんですが、凄く良かったです。
 00:55 手前のF-12cに入れてたんで上流が今一つのはずなのに、
     音がハッキリ美しく聞こえとりました
 00:57 たいしたオチは無いですが、やっぱり良い曲は良い環境で
     聞いた方がいいのかなと思った次第でした

 ――お疲れ様っす!shureとかF-12cとかググってきました。
 まじっすかーじゃああの時の五式のミキシングの方向性も
 あながち悪くはなかったのかな。お褒め頂き光栄でございます。
 そして僕思うんですよ。
 僕の曲を良いとコメントしてくださったあなたが、素晴らしいと。
 なぜかといいますと、僕の曲が良いとか悪いとかは、
 聞かれる方次第でその感覚も様々だと思うんです。
 だから、このコメント見たとき、
 「はー、俺の曲を良いと言ってくれるこの人が凄く良いんだなぁ・・・」
 と思いました。すごくイイですね!どうもありがとう!

 2012/4/23
 01:43 >こんにてゃ 「konnnitiha」と打とうとして「konnnitha」と打つと、
     「こんにてゃ」になります。「i」が抜けたんです。
     どうでもいいことですが、私も疲れて指に力入らない時やるので
     なんだか親近感→コメントしてしまいました(笑)

 ――ああ、ごめんなさい。当時の時事ネタのこれはすぐに返信したかったかもしれない。
 なるほど、「tha」と打つと「てゃ」になるんですね。初めて知りました。
 最近タイピングもあまりしていないので、他に自分どういう打ち間違いしてたっけなぁ・・・
 という具合に思い出せません。無念。

 2012/02/27
 19:08 ディミニッシュ難しいんですよね~、音出してるだけじゃ不協和音っぽいし

 ――作曲メモ書いてた時に頂いたコメントですね。
 ディミニッシュ等、オーギュメントとかもそうなんですけど、
 噛み合わせで結構、聞く印象が違ってきますよね。
 ピアノ単音で鳴らしただけだと「ウェ!?」って感じしたりするのに、
 バックと混ぜるとそんなに違和感なかったりもしますし。
 僕が作曲を始めた頃なんてもうわけわからん感じでしたもん。

 2012/01/02
 22:35 あなたの音楽が大好きです!!

 ――ありがとうございます!!新年二日目にありがたいコメントありがとうございます!!


 以上でした。



 ■懐古の時期 2012/6/2(土)

 もう一ヶ月経ったのか〜ボソンジャンプしたみたいな気分。
 でございます幽玄です絶賛オフライン中。

 最近アクセス解析も碌に見てないんですけど、
 なんとなくWEB拍手ページ見てみたら珍しくコメントを下さった方がおられたので、
 そういう理由で日記書きました。

 そういえば最近PCの内部を色々と整理しています。
 部屋や衣服等の日常的なものの整理は大体できてきたので、
 今度は目に見えないわかりづらい部分を整理してます。
 色んなデータ全部やるつもり。
 思い切ってどーんとDeleteしてもいいのかもしれませんが、
 それじゃ意味がないと思っているというか過去の自分を本気で総ざらいしたいので、
 かなり疲弊しますがやってます。
 一度OSやらHDDやらヴァニッシュした時もありましたけど、結構あるのねー色々と。


 んで、過去のデータの中に日記のネタに出来そうなものがあったので、
 ちょっと乗っけます。

 記念すべき我がサイト、黒鉄館の1st時代。

 

 ウワァ懐かしい!
 つーかすげーしょぼい!!
 だがそれがいい。そういう感じ。

 ウチのサイト、開設が2005年1月23日だったんです。
 上の画像見ると、その半年後にようやっと1000ヒットしてます。
 この頃一日に7ヒットしてたらうおお沢山来たぞ!って感じだったので、
 嬉しくてスクショ取ったんでしょうねー俺。

 キリ番とかでリクエスト受けて曲作ったりとかしたなー、そういや。
 当時のサイト作ってた人はキリ番リクとか皆やってたんです。思い出した思い出した。


 次は2nd時代。

 

 これ、多分2007年の4/1のだと思うんですけど、
 こんなしょぼくて頭の悪いエイプリルフールネタなのに一日で1000ヒットしたってんで、
 浮かれて残しといたんですねー俺。
 小さくて見辛いけど、左上の「YESTERDAY 1041」がそう。

 はー・・・これ、内心すんげー嬉しかったんだけど、
 俺みたいなレベルの音屋が数値高いからってはしゃいでんじゃねぇよクソが!
 ・・・みたいに自分を必死に戒めていた記憶、これ見たら思い出しました。
 良いとか悪いとかではなくて、こういう頃もありました。


 で、たまたまアクセス解析のスクショが出てきたので載せます。

 

 ウチのサイトアクセスの全盛期。
 後にも先にもこれしか残ってないので、
 ここがピークだってことを当時の俺は予期してたように思います。

 ニコニコ動画が出てくる前でもあったし、
 ネット上で音楽を聞いたり絵を探したりなんて自分で探していくしかなかった。
 ネット上でのビジネスやらなんやらもまだまだ認知度が低かった頃だからこそ、
 俺のような一個人音屋が自分のサイトに新曲アップしました程度でこれだけ人が来た。

 ただ実際は、検索エンジンにこまめに登録したり、
 音楽投稿サイトにちょいちょい投稿したり、
 あまり他では見かけない曲をアレンジしたり、
 リクエスト頻繁に受けたりと、
 当時で出来る、なるべく人が来やすい状態を作るには作っていました。
 あとは本当にただ新曲作ってUPしてただけですが、
 我ながら腹黒いというか、ちゃっかりしてたもんです。

 ンマ〜今全く同じことやったら、この1/5もいくかどうか。
 数年でネット上の流れが全然違うので、今のやり方新たに仕入れないといけない。
 SEOとは原理が全然違うでしょうが、
 そういう集客方法みたいなのは色々手探りしてました。


 あー、あと目安があったのも思い出しました。
 当時、自分の知る人気の絵サイトは一日10000ヒットしてたんです。
 音楽は絵と違って一発でわかるものではなく、わざわざ数分かけて聞かなきゃいけない。
 じゃあ絵サイトの1/10くらい行ったら御の字だなーと思って頑張ってたら、
 その一年後くらいに達成してしまった。
 そしてSECOND閉鎖。

 いやいや、何度もここに書いてると思いますが、
 その頃の音源聞くと非常にがむしゃらでピーキーなんです。
 耳結構キンキンするけど、当時の俺はもう作って作って作りまくり。
 突進突進また突進のイノシシ状態。
 凄かったですよ〜話聞いてんのか聞いてないのかわからないバンザイアタック特攻兵。
 それが俺でした。

 なので、3rdを開設した後で過去曲としてUPしてるものを耳に優しいように
 リマスタしようとした時もありましたが、数が多すぎて断念してます。
 仮にリメイクしようにもすげー色々盛り込んでて当時の勢いに迂闊に手が出せない。
 うわ、すげー時間かかりそう・・・あーもういいや!
 そういう俺でした。


 まぁまぁ、日記のネタにはなったかな?
 と思いきやWEB拍手の返信しそこなった! しまった!!
 さすがにこの後に書くのはアレなので、明日それ書こう。書きましょう。

 ・・・あー、最後の最後にすげーどうでもいいデータ出てきた。
 うpしちゃう?どうでもいい?ですよねー

  ごりら なまず いぐりど

 いつかリメイクしたいなぁ。



 ■クラシック音楽って何だ 2012/5/8(火)

 どうもこんにちは。
 王道のクラシック音楽ばかり聞いている幽玄です。
 次に聞くのはジャズ。
 HR/HMとか、今長時間聞けません。


 上記の通り、クラシックをずっと聞いているからか、
 ふと、クラシック音楽を作ってみようと思いました。
 しかし一体何から始めればいいかさっぱりわからない。
 曲作ってた頃の記憶でも無くしてしまったのかというくらい、わからない。
 確か今年の初めに作曲メモとか言って自分の和声学メモ書いてたはずなのに、
 その内容が、こともあろうに10,000メートル上空でUFOと追いかけっこしてる。
 ・・・あ、UFO瞬間移動しやがった。

 というわけで、ワタクシの勉学データがいつ帰ってくるかもこれまたわからないので、
 本当にゼロから作り方を学んで形にしてみようと思います。
 学んでっていうのもどうも違う気がする。
 正直どんなものが出てくるか見当がつかない上に、
 身体がどう動くかも予想できない。

 クリエイターとしてはある意味終わってる発言な気がしないでもないですが、
 とりあえず、作るぞ宣言をここでしておこう。

 あ、急に不安になってきた。
 いかん、いかんぞ。
 今、大層なものを拵えようと考えて勝手にプレッシャーで潰れそうになったぞ俺。
 大したことないぞ!宣言という言葉に重きをそんなに置かなくていいぞ!
 だからどうしたって感じでいいんだぞ俺。
 よし、うん、なんだ。今日は寝よう。



 ■Respect 2012/5/2(水)

 M3言ってまいりました。お疲れ様でございました。
 ふと「乙ー!」とか、ライトな雰囲気で言うのもありかと思いましたが、
 すぐに思い直しました。
 今、多分、俺が言うと、ウザい。

 や、最近会った(ここ1年以内)音屋が通天さんゆうさんのお二方のみでしたので、
 M3で会った多くの友人とは短くて1年、長くて3年ぶりとか、そんな具合でした。
 オフライン生活していたら、まぁそんなもんですよね。
 M3閉会後の打ち上げで人が集まってくる時でも、
 俺、音楽イベント常連の時堯くんと二人でずっとランストークしてたし。

 でも、素直に楽しかったです。
 当日の下調べゼロで参加したため、CDを買う予定も全くなかったのですが、
 Shadeさんが古代祐三カヴァーCDを頒布していると知って、
 え、何ですかそのCDどこにあったんですかまだ売ってますかうーんどうしようどうしよう・・・
 という具合にやっぱり欲しくて結局買ってきてしまったり。

 UJの委託分も、ふぁいすたさんのゲームアレンジ島?に置かせてもらったためか、
 SaGa2アレンジはもっていった分は全部無くなったり。

 フリースペースは俺は結局足を運んでいないのですが、
 外から聞いている分にはゲーセンみたいな感じ。
 それなりに演奏で音出してたみたいで、ああこういうのも今やってるんだなーと思ったり。

 久々のイベント参加だったので軽く人酔いしましたが、
 個人的に刺激を受けたところも多く、新たに感じることも多かったです。




  →戻る




 ■Diary

  呟きとか独り言。


 ■過去ログ

 2012/5〜7